房総の自然と文化を楽しもうよ!!
「海いこ山いこ」では、房総の自然や文化遺産などをめぐります。子どもと一緒に行く事を考え、優しいハイキングコースの紹介をしてゆきます。短時間・単独でのプチトリップも楽しいですよ。夫婦やママ友とゆる〜い旅もどうぞ♪

2016年10月30日

八坂神社の伊八に会いに 睦沢町へ

こんばんは。

ここ1〜2か月、野菜が高騰してますね〜。休日に地元野菜を求めて道の駅に行くのが楽しみです。少しでも多くの野菜をお安く〜なんてね。

最近、道の駅つどいの郷むつざわによく行きますが、駐車場の観光案内看板に、伊八の彫刻のある神社が載っていることに気がつき、意外にも近くだったので寄ってみることにしました。

道の駅目の前の県道150号を九十九里方面へ7〜8分ほど車で移動します。
左側に鳥居が見え、分かりやすい場所です。


- - - - - - - - - - - - - - - - -
夏の渋滞の解決策
JAF会員なら安心&充実のロードサービスが日本全国24時間、365日無料!
当日予約OK!格安レンタカー予約
- - - - - - - - - - - - - - - - -

地域のこじんまりとした神社という印象です。境内では小学生くらいの子どもが3人で、ボール遊びをしていました。


拝殿は、こんな感じ。裏側にちゃんと本殿があります。


「浪に龍」です。
私の愛読書「名工波の伊八、そして北斎 ー伊八五代の生涯ー」(文芸社)によると、この彫刻は三代目武志伊八郎信美(信秘)の作品で、向拝は水引き虹梁がない珍しい造りなんだそうです。

水引き虹梁というのは、向拝の屋根を支える柱の間を繋ぐ梁のことをいいます。確かに、この龍の下には梁がないです。

建築様式よりも、装飾に走っているということなのでしょうか。


それにしても、見事な龍ですね。


このすぐ近くにある成就院というお寺の欄間にも、伊八の彫刻があるそうです。
またの機会に見学したいです。

ではでは。